忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/07/26 11:43 】 |
【マーメイドS】リトルアマポーラ“重量”なんの!
夏の阪神開幕週のメーン・マーメイドSに出走するリトルアマポーラが17日、栗東ポリトラックコースでの追い切りでシャープな脚さばきを披露、復活Vへノロシを上げた。

ここ4戦勝利から遠ざかっているリトルアマポーラが調教にひと工夫加えてきた。ここ2走はCWコースで追い切ったが、この日はポリトラックコース。前にファイアレッド(5歳500万)を置いて、前半はゆったりと入ってのラスト重点。直線ではシャープな伸び脚を披露して1馬身先着、1F11秒8(5F65秒6)をマークした。

「動きは良かったよ。ここ2走も攻めは良かったけど、レースまでに走りが小さくなった感じ。今回は負担のかからないようポリトラックに替えて追った。これがいい方に出れば。牝馬同士ならと思っているしね」と影山助手。

体調に問題はなくとも、同馬の敵は他の出走馬だけじゃなく「ハンデ57キロ」がのしかかってくる。

マーメイドSは06年に別定からハンデ戦に変更となり、軽ハンデ馬が大活躍しているのだ。しかし光明はある。影山助手は同じハンデ戦である暮れの愛知杯に言及した。

「上位のメンバーはほぼ変わらない。重量の差はむしろ詰まっているからね」

愛知杯を56・5キロで制したリトルアマポーラは今回57キロ。2着ブラボーデイジーは55キロ→56キロ。4着ヒカルアマランサスは52キロ→56キロ。5着ニシノブルームーンが53キロ→55キロ。有利とは言わないまでも、これなら悪い条件ではないことが分かる。

昨年マーメイドSも56・5キロで3着。過去4年、重量を背負わされた馬で唯一馬券圏内に絡んでおり、重量負けしない地力もある。

体に柔らかみがある仕上げで競馬を迎え、かつ重量を克服すれば、今後に向けての視界が広がってくるのは言うまでもない。宝塚で競い合う多彩な“女優”対決は08年エリザベス女王杯を制したアマポーラの底力が問われる一戦だ。
 
PR
【2010/06/18 11:20 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ビクター、裏面照射型CMOSで光学36倍ズームのデジタルビデオカメラ「GZ-HM350」 | ホーム | ヤクルト・高田監督、オーナーにあいさつ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>